×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 

| TOP | 開催趣旨 | 前回記録 | 募集・問合わせ |

■ 目的 ■
 身体が健康なのに自ら死を選ぶ、人間がいる。 身体が病魔に侵されているのに、必死に生きようとする人間がいる。 この考え方の差はなんだろう?

 出演者の実体験、またその周りの実体験をもとに、「生きる」とはなにか? 生きるのは辛いこともある。
 その中で、「自分らしく生きる」こと、幸せに前向きに「生きる」こととはどういうことか? それらのことについて「考える」こと。

■ 当日は… ■
 出演者のパフォーマンス(踊り・リーディングなど)と話を聞くことを考えています。

■ 理由 ■
 実際に体験した、身近な人の自ら選んでしまった死、自殺にひどく心が痛んだ。

 日本での20〜30代の死因の第1位は「自殺」なんだよね。 全年齢層でみても、自殺」は上位なんだよ。 男性・女性等を問わず、本当に自殺者が多いという。

 ストレートの男女はもちろんのこと、 セクシャルマイノリティーの中でも自殺は問題視されている。 一方で、難病を抱えるゲイの友人は、悩むことが無いとは言わないが、「自分らしく」楽しく生きているんだよね。病気のこと、セクシャルマイノリティーのことなど問題はあるのに。 この事実をどう受け止める?

 だから、老若男女様々な人がみんなで「自分らしく生きる」を「thinking(考えること)」をしたら、一人で悩むより、ずっと健康的になれるって思います。 そこで、このイベント「thinking」は生まれました。


| TOP | 開催趣旨 | 前回記録 | 募集・問合わせ |
 
©2006,thinking All Right Reserved favoritefilm@hotmail.com